MENU

SUBARU Online Shop

STIがお届けするこの夏のおすすめアイテム

手組京団扇KONBUトートバッグ

STIでは、贈り物にもお使いいただける新商品や
おすすめの商品をご用意いたしました。

歴史ある手すきの「土佐和紙」を使った京扇子

素材と製法にこだわり抜いた至高の逸品

使用シーンを選ばず、どなたにも使いやすい高品質な京扇子です。歴史ある「土佐和紙」を芯に、3枚の手すき和紙を重ね合わせて1枚ずつ手作業で織った紙を、京都の職人が1本ずつ丁寧に組みあげました。

黒無地の扇面の上端には、天色分金(てんいろぶきん)と呼ばれる製法でチェリーレッドの縁取りを施しました。扇骨には滋賀県産の竹を採用。親骨は扇面と同色に染めあげ、グレーのSTIロゴをさりげなくプリントしました。

凝った装飾を極力排除し、素材と品質に振りきった渾身の逸品です。職人が丹精込めて仕上げた特別な一本を、化粧箱に入れてお届けします。

本物だけが名乗ることのできる「京扇子」

「京扇子」を名乗ることができるのは、京都扇子団扇商工協同組合に登録されている組合員によって作られた扇子だけです。京都および京都近郊の材料を使い、京都の職人が京都で仕上げています。

「扇は87回職人の手を通る」という言葉が示すように、京扇子は多数の職人による分業制で作られます。扇骨の加工、地紙の加工など、各分野のエキスパートがそれぞれの工程で匠の技を惜しみなくつぎ込むことで、総合的に

製作を担当したのは、天保年間創業の老舗・大西京扇堂。古くから寺院扇や舞・茶道向け、一般向けの扇子を作り続けてきた、扇子界のレジェンドです。

まるで昆布のような手触りの新素材を使った軽量トートバッグ

新しさと機能性を同時に追及

普段使いからビジネスユースまで、あらゆるシーンで使いやすいB4サイズのトートバッグです。他にはない素材感が最大の特徴で、軽さと丈夫さを両立しています。

昆布のような硬度を持つ新素材「KONBUファブリック」

素材に採用したのは、石川県のファブリックメーカー・小松精練が独自に開発した「KONBUファブリック」。その名の通り、昆布のような強靱さと、自立するほどの硬度を兼ね備えた新素材です。特徴的なドライ感と締まり感を持つ、「KONBUファブリック」の風合いもお楽しみいただけます。

ホーム
閉じる
BACK TOP
SUBARUで愉しむ 趣味や好奇心を応援する情報をご紹介 SUBARUで愉しむ 趣味を応援する情報をご紹介 Open
  • 体験する スポーツ、アウトドア、参加イベント
  • 体験する スポーツ、アウトドア、参加イベント
  • 知る・学ぶ スバルの歴史、趣味の豆知識
  • 知る・学ぶ スバルの歴史、趣味の豆知識
  • 応援・参加する モータースポーツ、スバルグッズ
  • 応援・参加する モータースポーツ、スバルグッズ